プリンス殿下がやってきた・・

前回の記事にて・・

プリンスのレコードが欲しい!

2022.05.12

プリンス殿下の・・

アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ

を、ポチッた、わたくし・・

そういえば、ブログで報告してなかったけど、ええ、だいぶ前に、殿下は我が家にやってきていましたよ~~~

 

と、いうことで!

 

 

ジャーーーン!!

ようこそっ!!殿下!!m(__)m 我が家へ!

 

 

アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイのサイケな絵をこうやってレコードジャケットの大判で見ることができて超感動よっ ( ;∀;)

アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ / プリンス

1985年

大ヒットした「1999」と「パープルレイン」で超超有名になったプリンス

しかし、さらに大俊作を放ってきたのがこの作品。

全米で1300万枚、全世界で1500万枚を売り上げた『パープル・レイン』の収益で設立した独自レーベルであるペイズリー・パーク・レコード(en:Paisly Park Records)から初めて出されたアルバムでもある。

プリンスが音楽的に1つ向上した作品である。 全米1位を獲得した。

(一部Wikipedia引用)

 

 

 

うーーん!中もステキ!!

 

 

 

 

 

そして・・・

 

 

気になる気になる盤は・・・

 

あああ!!

良かった~~

きれーーーい ( ;∀;)

 

 

レーベルもサイケ調でステキ・・

 

 

一曲、一曲の文字デザインが違うのよ

 

 

さあ!!

 

では!!初めてっ!!

殿下を!!

アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイを!!

 

レコードで聴いてみようじゃないかっっ!!!

おおーーー

流れてくるオープニングの、殿下の雄たけび!!

 

アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイの世界に入ったって感じがするね

 

ああ、やっぱり、素晴らしい~~・・・

 

 

このアルバムからは、ペイズリー・パークとラズベリー・ベレーとポップ・ライフがベスト盤などによく使われる

でもっ、

でもねっ!

最初から通して聴けばわかるけど、その前後がしっかり繋がっているから、絶対にこのアルバムは通して聴かなければならないの!!

A面のタンバリンが終わったら、すぐにB面にしてアメリカを流すのだ!

そう!すばやく!

え、ちょっとトイレに行く?

ダメダメ!!

何いってんの!

そもそも、アルバムを聴く前にトイレは済ませておくのが当たり前よ!

このアルバムは緊張感とゆるさがランダムにくるから、気がぬけない

聴く側もそれなりに準備しておかなければならないのだ

それが、プリンス殿下に対する礼儀である!

 

やっぱり、アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイは素晴らしかった・・

わたしにパワーを与えてくれてありがとう!

殿下 m(__)m

【関連記事】

プリンスのレコードが欲しい!

2022.05.12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。