中古レコードで感じる輸入盤と国内盤の差

中古レコードはタイトルにもよるけど本当に安い!

 

さて、

ということで

今回も我が友ヤフオクで中古レコードを物色よ!

 

おおお!!

大好きなポリスを発見!

なんと!!

シンクロニシティとゼニヤッタ・モンダッタの2枚がたったの630円よ!!

 

私はポリスが大好きだけど、もっているレコードはアウトランドスダムールだけ。

しかし、それは、いとこのお兄ちゃんからもらったもの。

 

ポリスの最後のアルバム「シンクロニシティ」が出たのは1983年。

なので、まだ私はレコードを意欲的に買い始める手前の年だった

 

そのあと、ポリスが大好きになってCDは揃えたけど、このたび、レコードリスナーに戻ったんだし、やっぱりレコードも揃えたい!

 

ということで!

 

落札しましたよ!

 

そして!

 

やってきましたよ!

ポリス「シンクロニシティ」と「ゼニヤッタ・モンダッタ」

 

うれしーーー!!

 

 

、と、思いつつも・・

ん?

シンクロニシティの方のボロさ加減がなかなか激しい気が・・

 

 

おそるおそる盤が出してみると・・

写真では光が反射して撮れてないけど、実はかなりの傷だらけ・・

うーーん

これはかなりやばそう

とくに、B面の一曲目、あの「見つめていたい」の部分がかなりやばそうな傷が・・

 

対して、ゼニヤッタ・モンダッタの方はウソみたいに綺麗な盤。

 

 

さあ、

と、とりあえず!落ち着いて!

シンクロニシティを聴いてみよう!!

 

 

しかし・・

 

やはり・・・・

 

A面もかなり針が飛びそうになったけど、気になっていたB面・・

・・・

・・・

これはかなり・・・w

てか、針飛びもだけど、なんか、左右にうねってない?

うねるってことは、傷の他にも反りもあるってこと?

 

ガーーーーーーーン

(°д°)

 

がっかりしながらも、ここでふと気づく

 

そう、

シンクロニシティは輸入盤だ。

 

そして、

ゼニヤッタ・モンダッタは帯はないものの国内盤だ。

 

 

輸入盤・・・・

 

そうよ・・

新品でも、恐ろしい輸入盤・・

 

シェリルクロウ「スレッズ」のレコードを購入!

2021.12.19

フィアレス (テイラーズ・ヴァージョン)のレコードが到着!!

2022.01.02

 

そうだよね・・

新品ですら、傷や汚れやバリがあるんだもん

中古の輸入盤だったら、さらに傷があって当然といえば当然だよね・・

 

 

これは私自身の過去の実体験なんだけど・・

レコードってね、当時から高くて2800円もしたお宝だったのよ

だから、レコードを買ってくると、その日のうちにすぐテープに録音した

そして、レコードは大切に大切にしまっておいて、普段はテープを聴くのよ

そして、たまーーに、

月に数回ほど、週末だけとかに、レコードを聴く

それも、慎重にジャケットから出して、歌詞カードも絶対おれないように、テーブルを片付けてね。

 

たぶん、こういう聴き方をしていたのって、私だけではなく、日本人なら、皆さん同じだったんじゃないのかな~

だから、国内盤は中古でも比較的きれいなんだろね

 

でも!

外国の方って、なんか、そういう聴き方ではなく、つまり、普段はテープで聴いてとかじゃなくて、毎日、ガンガン、レコード本体で聴いてそう

だったら、やっぱりジャケットは痛むし、盤にも傷がつくよ

 

なるほど・・

今までは中古のレコードの安さに気をとられて、あまり考えてなかったけど・・

これからは、中古でも輸入盤ではなく、国内盤を狙っていこう!

ヽ(`Д´)ノ

国内盤よ!

うん!

やっぱり国内盤だっ!!!

ヽ(`Д´)ノ